’18モデル シリンダーが・・・

夏過ぎからモトクロッサーの来期モデルの依頼が増えてきます。
(レーサー車両は来期モデルを先行して前年に販売開始する慣例があります。)

今回送られてきたシリンダーは、
新車を卸し軽く慣らしを済ませて、
分解してしたらアタリが強くて
お客様曰く「開けてなかったらヤバかったかも」という状態。
ピストンリングが不良でメーカーに返したそうです。

毎年、新車を卸したら、まずWPC処理をする習慣が、
トラブルを事前に防止する事にも役立った良い事例です。

施工前(下2枚)
写真では分かりずらいですが、思わず、すぐ連絡したほどの状態でした。

WPC処理、施工後(下2枚)
安心して組めますね。

WPC処理、
モリブデンショット、
ハイパーモリショット、
WPC+DLC
のご依頼はエヌ・イーまでどうぞ。

maru200.png

エイジングブラスト、ガンコート

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中